未分類

将来のために・・いまからできるシミケア

シミケア画像

沖縄は年中紫外線が降り注いでいる地域。

だからこそ将来のシミを心配している人も多いのではないでしょうか?

私もその内の一人。アラサーの私は将来しみだらけになるのではないかと心配しながら生きている部分もあります・・(笑)

シミってできてしまってからではセルフケアで消す事は至難の業なんですよね。

美容クリニックへ行ってレーザーでもあてれば一発なんですが(笑)

それでもできるだけシミは作らせないようにしたいものです。

そこで今回は将来のために、今からできるシミケアを挙げて行きたいと思います。

・紫外線対策

なにはともあれシミケアには紫外線対策がマスト。
紫外線にはUVAとUVBがあり、AのほうがBよりも皮膚の奥まで届き、シミだけでなくシワやたるみを引き起こす怖いものです。

BはAにくらべて浅い位置までしか届きませんが、皮膚が赤くなったりシミの原因にもなります。

紫外線対策ではUVA、UVB両方をシャットアウトする必要が。

日焼け止めクリームに表記されているSPFやPAはどんな意味があるのかな?と疑問に思った事がある日も多いと思います。
SPF数値が高いほどUVBをシャットアウト、PAのプラスマークが多いほどUVAをシャットアウトする効果が硬いという意味です。

<例>

日常生活や散歩、買い物など・・・SPF10~20 PA++
軽いスポーツやレジャー・・・SPF20~35 PA+++
炎天下でのレジャー、マリンスポーツ・・・SPF50 PA++++

SPF50・PA++++は最もUVカットの力が強いですが、絶対焼けたくないからと言って毎日使うのは肌負担も強くなります。

日焼け止めは毎日使う物だからこそ、できるだけ肌に優しいものを選びたいものです。

塗る日焼け止めと合わせて飲むタイプの日焼け止めもあるので、一緒に併用するとさらに効果的ですよ。

・保湿をしっかりと

肌が乾燥した状態でいると、肌本来のバリア機能が低下し肌の抵抗力も下がってしまいます。紫外線や摩擦といった刺激に弱くなってしまい、潤った肌よりダメージが加わりやすいです。
また乾燥肌は肌の新陳代謝であるターンオーバーを乱れさせます。
シミの原因であるメラニン色素は、本来は体が外的刺激から肌や細胞、DNAを守るために分泌する、いわゆる自己防衛機能です。
メラニン色素はターンオーバーに伴い、古い角質となって自然に排出されますが、ターンオーバーが乱れると排出しきれず残留メラニンとなり、シミになります。

シミを悪化させない、作らせないためには日頃から保湿ケアを怠らないようにしましょう。

・生活習慣を整える

肌の悩みは肌に直接なにかアプローチする事ばかり目が行きがちですが、実は生活習慣も肌ととても関わりが深いです。

ストレスや睡眠不足は特に肌に悪く、やはりターンオーバーを乱れさせる原因になります。

とはいえストレスを溜めない人はほとんどいないですよね。ストレス解消法としてオススメなのが運動です。
適度な運動には幸せホルモンを分泌する事が分かっています。散歩や軽い筋トレやストレッチなど、自分に合った運動方法を見つけましょう。

睡眠はただ体を休めるだけでなく、体が負ったダメージを回復する時間でもあります。
十分な睡眠がとれていないと、紫外線など外的刺激で負ったダメージを回復させる事ができません。

最低でも7時間は寝るようにしたいところです。]

食事もとても重要。3食食べていても、コンビニ食や外食、偏った食事ばかりでは肌を健康に保つ、受けたダメージを修復するのに十分な栄養素が補えません。

肌によいたんぱく質やビタミンC、B、B6 、E、Aなどを食事から取り入れるようにしましょう。基本的に野菜や肉、魚をバランスよくなんでも食べ得ればほとんどの栄養素は摂取できます。

足りない分はサプリメントで補ってもいいですね。

紫外線対策、スキンケア、生活習慣など、見直すべきところがあれば将来のために良くしていけたらいいですね。