未分類

アーユルヴェーダ!ごま油うがいとは

ごま油うがい画像

みなさんこんにちは!

美容に関する事で耳にしたものは何でも実践したくなってしまう私ですが、最近知ったのごま油うがい。

ごま油うがいはオイルプリングと言って、アーユルヴェーダ健康法の1つで、アーユルヴェーダはインド発生の伝統医療なんですよ。

「ごま油ならキッチンにある!」という人もきっと多いですよね。
でもごま油うがいで使用するのは調理でよく使うものではなく、「白ごま油」の方です。

調理でよく使うゴマ油は焙煎されていて、濃い茶色をしているのに対し、白ゴマ油は生のまま絞っているので若干黄色みをおびた透明な色かつ、ごま油特有の香りもありません。

ごま油うがいは美容や健康に良く、特にアラサー世代には嬉しい効果がたくさん!

今回はごま油うがいについてくわしく掘り下げていきますね。

ごま油うがいのやりかた

毎朝スプーン1杯分の白ゴマ油を口に含み、口全体、歯茎の裏まで行き渡るようにくちゅくちゅと5分間うがいをします。

朝の時間に余裕がない人は、夕方でもOKです。

うがいした後は紙コップなどに油を吐きだし捨ててください。

うがいをした後気になる場合はぬるま湯で軽く口をすすぎましょう。

ごま油うがいの効果

ごま油は浸透率が高く、食事で摂取するよりも毛細血管の多い舌裏からの方が効率的に成分が摂取しやすいです。
そのためごま油には以下のも効果があります。

1.美肌効果
ごま油には抗酸化作用があります。
抗酸化作用といえば老化を予防する働きがあり、アンチエイジングに効果的。ごま油うがいによって肌の老化を抑え、シミを防いでくれます。
抗酸化作用に加え、うがいの際には顔の筋肉も刺激されるので、シワやほうれい線にも効果的なんです。

2.白髪予防

ごま油の抗酸化作用は髪の毛にも良い影響をもたらします。
髪の毛の老化といえば白髪ですが、抗酸化作用によって白髪を生えにくくしてくれるのです。

3.口内環境を良くしてくれる

ごま油には炎症を抑える効果があり、歯槽膿漏の予防や改善にも効果的です。また洗浄作用によって口臭も抑えてくれるんですよ。

ごま油には注意点も?

美容や健康によいごま油うがいですが、以下が該当する人は行なえないので注意もひつようです。

・ゴマアレルギーがある
・肌や口腔内、喉に炎症がある
・生理中の人
・発熱時
・6歳以下の子供

当てはまる項目はないかチェックしてみてくださいね。

ごま油うがいは必ずキュアリングをしてから

ごま油うがいをする場合は、必ずキュアリング(加熱処理)をしなくては効果を発揮できません。

キュアリングするとごま油の酸化を防ぎ、抗酸化成分が生成されるからです。

キュアリングの方法を説明しますね。

<キュアリングに必要な道具>

・鍋
・調理用の温度計
・ごま油を保存する瓶
・じょうご

1.お鍋に白ゴマ油を入れ、弱火で加熱していきます。(温度計は入れておくこと)
120℃以上になるとごま油の効果がなくなってしまうので気をつけましょう。

2.温度計が90℃になったら火を止めます。
そのまま放置すると100~110℃くらいまで上昇。荒熱を取っていきます。

3.荒熱が取れたらじょうごを使って瓶に移していきます。

キュアリングした油は暗くて涼しい場所に保管し、3カ月以内に使いきるようにしましょう。

保存する瓶は濃い色のついた瓶の方か遮光性が高いのでおすすめです。

ちなみにキュアリングしたごま油は、料理やマッサージにも使えます。

うがい以外にも使えるのは便利ですよね。

ごま油うがいで美しくなりましょう♪