未分類

筋トレするならお腹よりお尻!?

お尻の筋トレ画像

こんにちは!ナミです(*^_^*)

みなさん日頃から運動の習慣を取り入れていますか?

最近は健康美を意識する人も多く、ジムに通ったりトレーナーとマンツーマンでトレーニングを行なう人も増えてきましたね。

私は今30代前半なのですが、20代の頃から「あれ?太った?」と思う度にダイエットとして筋トレをたまに行なっていました。

ちょっと太ると気になるのがお腹。だから20代の頃は腹筋ばかりしていたんです。

ところが30代になると、状況が変わってきました。

お腹周りにお肉がつくだけでなく、お尻の形まで変化してきたんです。
とくにスキニーデニムをはくと、お尻の位置が20代の頃より下にさがっているのがよくわかります(泣)

それで私は腹筋だけでなく、お尻も筋トレで鍛えることにしました!

20代の頃はそんなに注目していなかったお尻ですが、鍛えると事で以下のようなメリットがあります。

お尻を鍛えるメリット

・ヒップアップする

お尻を鍛えると、当然ながらヒップラインが引き上がりヒップアップします。
もともと日本人は欧米人に比べて、骨盤の傾きが違うためお尻の筋力が弱く、筋肉がつきずらいです。
だから意識的に鍛えるようにしないと、ヒップラインが下がりやすくなるというワケなんです。

・足長効果
お尻を鍛えると、筋肉がつきつつ余分な脂肪がおち、ヒップラインが上がります。
お尻がスッキリしラインが上に引き上がると、足も長く見えるんですよ。

・痩せやすい体質になる
痩せ体質になるには基礎代謝をアップさせなければなりませんが、加齢や運動不足などで筋力が低下すると、基礎代謝も低下して太りやすくなってしまいます。
お尻は人間の体の中でも大きな筋肉です。腹筋や二の腕などのトレーニングよりも、お尻の筋肉を鍛えた方が痩せやすい体質になるんです。
お腹や太もも・下半身など全体的に痩せられます。

お尻を筋トレするだけで得られるメリットって魅力的ですよね!

私は腹筋よりもお尻を重点的に鍛えていまいしたが、2週間ほどで明らかに体のラインが変わってきました。

ポッコリお腹がコンプレックスでしたが、特に腹筋をしていなくてもお尻のトレーニングをするだけでお腹がペッタンコ。

特に食事をした後なんかはお腹が出やすかったのですが、あまり出なくなりました。

腹筋だけを鍛えていた時よりも効果を感じます。

お尻トレーニングほど効率のいいものはないんじゃないかなっておもいます。

お尻エクササイズ

私がやっていたお尻エクササイズを3つ紹介します。

とっても簡単なので、興味がある人はぜひ参考にしてみてください(*^_^*)

・1つ目
床にうつぶせになります。足を肩幅程に開き、片足ずつ真上に上げます。
これを左右で20回ずつ。足は上がる所まで上げるのがポイント。

・2つ目
床にうつぶせになります。足を肩幅に開き、両足一緒に真上に上げます。
始めはなかなか上がりにくいので、上げられる所までゆっくり頑張りましょう。
反動をつけて上げると腰を痛めてしまうので注意してくださいね。
20回行ないましょう。

・3つ目
四つん這いになります。足を肩幅に開き、片足ずつ真上に上げます。
顔はあげず、床に目線が行くようにした方が効果が高いです。
左右20回ずつ行ないます。

これだけのエクササイズで、全部合わせても10分はかからないと思います。

シンプルな運動ですが、始めて行なう人は慣れるまではキツイかもしれません。

慣れてきたら足も上がるようになり、これ以上の回数をこなせるようになりますよ♪

私はこの運動を1日に2セットしていました。毎日続けると、かなり変化してくるのでオススメです。

お尻が上がることでオシャレもこれまで以上に楽しめるようになりました!

お尻トレーニングに目覚めちゃって、最近ではこのトレーニングだけでは物足りなくなってしまっています。

効果をさらに高めたいなら、自重トレーニングよりも道具や機械を使ったトレーニングがいいようです。

ゴムバンドを使ったトレーニングが良さそうなので、試してみようか考え中。

またそれもレポートしていけたらと思っています!

初心者さんは簡単なトレーニングから始めて、みんなで美尻を目指して
いきましょう♪